ushi4026’s blog

旅と自転車、工作を愛する高齢者。あくまで私見ですが。

またまた引っ越し5

南東角のパネルウォール製作。新築の家なら全て壁が直角だろうが、木造モルタル築60年だと、傾きが出ている。直角に切ってある板は角で合わせると東に5㎜、南に14㎜ほど傾いているので、角が合わない。


ここも板を斜めに削ればいいのだが、㎜単位の精度で板を切るのは至難。南側の板に隙間を空け、東側の板を差し込むことで隙間を見えないようにした。南側の誤差は当て板を調節することで誤差を吸収する方針だ。

当て板を角に取り付ける。南東角の柱が見えている部分は23㎜位しかないので、そこに当て板を設置。

これに木工用止めナットを埋め込み、ボルトで板を取り外し可能にする。配線の再設定や、棚のウォールへの増設を容易にするためだ。だが難関が待ち構える。出窓の下板が出ていてここを逃がさなければウォールの取り付け部がまっすぐにならない。切り欠きを作ることで何とか逃がす。

このナットの埋め込みは容易なはずだった。だが実際やってみると、ボルトナットは位置が1㎜ずれても留めることができない。俺の技が元々不器用なのもあるが、位置合わせをして穴を空け、実際ボルトを通すとはまらない。しょうがないのでボルト穴を広げ、何とか2面取り付けられるようになったのは、朝のバイト帰り7時半から夜の7時半まで。8本のボルトナットに12時間かかってしまった。とにもかくにもパネルウォールは完成。机を壁にピッタリ着けて配線も隠すことが可能になった。

だが、改造はまだ道半ば。モニタとスピーカーをウォールに直付けし、机から浮かす。
デスクスタンド、キーボードも直付け棚に「棚上げ」し、机上から空中へ。鴨居上のブルーレイレコーダーからの配線を隠すため、鴨居に似せた板を張り付ける。

ここで机上周りは一応完成となるが、さらに机左側の出窓に設置する本棚の作成に移る予定だ。

外は今年初の雪が降り続く。明日は私道の雪かきから始まりそうだ。

 

 

またまた引っ越し4

部屋の西側の面は3枚の合板で埋め尽くすことができた。(家の傾きにより多少削った経緯はあるが)

若干模様が違うので違和感はあるが、経年変化で同色に近くなるであろう。10㎏位の板を模様でえり好みしていると、平積みにしている板から選ぶだけで大変なのだから。

東南側に手を付ける前に配線を考える。今ある機器だけで18個のコンセントが必要だ。板の裏側に配線を隠すにしても、表に出した線の分岐に配慮しなければならない。そこで隣接する机の脚に電源タップを直付けし、配線を目立たなくすることを目指す。

机は娘が残していった木製。ネジ等は容易に追加できるので、2×4材で台座を作り、天板の下の目立たないところにタップを配置する。

うっかりしていたのだが、鴨居の上に配置したDVDレコーダーの電源線とアンテナ線はエアコン穴から室内に入れるが、鴨居を横断しているメインの柱の前で線が露出してしまう。悩んだ末、鴨居を横断する方法を思い付いた。

昔の家屋はみなそうだったのか、又はこの中古住宅が実用的に考えたのかがわからないが、鴨居が全て丸太の丸い面を外側にして内側は平らに削ってある。柱との間に上部は三角断面の隙間があるので、その断面を削って大きくする事により、ケーブルが鴨居に隠れたまま柱の前を横断できる。

鴨居の外側を削るのは大変だった。ノミやドライバーなど、色々試したが、有効だったのは電動ドリル用の円盤やすり。溝にはめて溝幅を広げていった。

ようやくアンテナ線(地上波とBSの2本)とレコーダー用電源線を通す空間ができた。

ついに東南側のパネル貼りにかかる。配線が多々入り込むため、壁との間に空間を設ける。しかも配線直しが容易に行えるよう、ボルト留めにしたい。(西側のパネルはネジ釘で固定)

そこで4㎝ほど壁から浮かす配置に考えた。しかし東南角の柱は幅が2.5㎝ほどしかなく、重量のあるパネルを保持するにはあまりに細い。

そこで角部分には補助足を設け、パネルを支えられるよう考えた。余った1×4材の切れ端を組み合わせて作る。

4つの部品を角にネジ釘で配置し、パネルを固定するボルトで部品に取り付ける方式にした。ようやく配置方法にめどが立ったので、本日は終了。明日はついにパネルウォールの完成だ。

ところで、ここまでパネルウォールにこだわるのは、机上の空間をすっきりさせたいのが根底にあるのだ。モニタやキーボード、スピーカーや電話機など。机上から追い出したいのである。そこでパネルウォールだとライティングデスクのような圧迫感なしにそれらを配置できると考えたのだ。

出来上がりの精密な設計図は無いが、少しづつ備品を壁に移動させ、カッコよく作りたいと思っている。果たして完成形は?サグラダファミリアほどではないが、いつ完成するのだろうか?

またまた引っ越し3

さて、大物資材を導入することにする。

購入予定は以下の通り。

部屋の西側の壁を全て木材で覆うための杉合板 182×91㎝

東南の角、机の後ろと右に付けるパネル杉合板 182×91㎝ 2P

東側の出窓一杯の幅に本棚用の棚板 182×35cm 足として91×35㎝

鴨居より上にブルーレイレコーダを置く棚板 91×30㎝

その他ネジや棚足など、計¥18,000ほど。工務店に頼むよりは安い。

これらはさすがに自転車では運べない。ホームセンターで無料貸し出しする軽トラを使う。

材料を吟味するのに1時間、自宅への輸送で1時間、指定の長さにカットしてもらって自転車で往復1時間。計3時間もかかった。

厚さ12㎜の杉合板は安い(1枚¥1,700)だが、一人で持つにはかなり重い。(1枚10㎏ほどある)軽トラにホウホウの体で積み込み、家でもよっこらしょっと運び込む。2階へ持ち上げるのも一苦労だ。

まずは西側の隣部屋との境を隔てている2枚の杉板に追加して、西面をきっちり覆う。

だが家が歪んでいるため、隙間なく埋めるためには、鴨居との境、窓との境を1.5㎝ほど斜めに切らなければならない。慎重に計測して丸鋸で直線切り、ようやく収まるようになった。


次は板で囲われるため邪魔になるカーテンレールの切断。カーテンの長さが微妙に合わず、隙間ができていたのをこの際レールの位置を下げ、カーテンの下端が窓枠に沿うように調整した。

続いて東側にも取り掛かろうと思ったが、既に5時間経過。明日に回すことにする。

昨日はちまちま工作をやっていた。

日々使うクレジットカードを入れている定期入れがかなりくたびれ、縫い目が裂けそうになってきていた。日々の出金を賄っているクレジットカードを無くすと生活できない。安全のため更新することにした。最近はタッチ決済が多くなり、複数のカードをスライドして取り出す定期入れがなかなか手に入らない。西友でようやく見つけ、取り換える。

俺は昔から定期や財布を落とす頻度が高かったので、最近は紐で小銭入れと定期入れを結び、間にカラビナを付けてバッグから落ちないようにしている。

更新の際もキリで穴を空け、3㎜のボルトナットを通して紐を通せるようにした。

今回工夫を重ねたのが小銭入れとの接続方法。息子が残した小銭入れにL字型のジッパーのものがあり、このジッパーの締まった終点辺りに接続のボルトを付けた。今まで小銭入れにはジッパーの引手に紐をつけていたのだが、それだと引っ張られてジッパーが開いてしまい、小銭がカバンの中でバラまかれてしまう事態に何度も遭遇した。今度は紐が引かれると支点とジッパーの口が自然に締まるので、ばら撒きを防止できそうだ。
現金は原則使わない主義なのだが、地方に行くとまだまだ必要なので、重宝しそうである。

明日は机回りのパネル張り、及び配線再設定に挑戦。カッコ良く仕上がると良いなぁ。

 

またまた引っ越し2

今度の引っ越し先の部屋は我が家で冬一番暖かい部屋なので、楽勝で寝られると思っていた。しかし、早朝に寒くて目が覚めた。原因の第一は、重ねてかぶっている掛け布団がベッドからずり落ち、1枚少なくなっていたためと思われる。俺は寝相の比較的良い方だ。シュラフもそんなに苦にならない。だが寝ている間に足元の敷布団は半分以上床にはみ出している。以前のベッドもそんなことがあり、側板を取り付けた。これはベッドから起きる際、足から出ると障害物になる。まだ起きたばかりの半睡眠の状態で足からベッドの外に出すと、側板にぶつかって痛い思いをするので、長さ、位置、高さが微妙なのだ。幸い以前使っていた自作のベッドに取り付けた側板がそのまま使えそうなので、今度の息子の遺品である鉄パイプベッドにどう移行するか考えればよい。

足元付近70㎝の長さで側板を取り付ける。今度は木製枠でなく、鉄の角型パイプなので、自動車のルーフに取り付けていたソーラーパネル用のU字型金具を用いて挟み込むことにした。

さらに側板を取り付けた後、息子が壊してへこんでいたベッドの底面を板で補強する。

こんな状態で良く何年も寝ていたものだ。言ってくれれば直したのに。不眠症だったのでこれも一因なのかもと後悔する。

底に補強板、足元右側に側板を取り付けてとりあえず完成。果たして起きた時は掛け布団はいずこへ?

あとはあちこち分散していた自分の衣類を半畳の押し入れに。下着類はボックスに、上着類はハンガーに。これ以外にもスーツ、礼服などがあるが、それは別部屋とすると常用するのは季節内ではこんなもの。自分も10年以上着ていないものは処分するとこんなもんだ。

部屋の改装はまだまだ続く。今回重視するのは見た目の整然さ。今までの廃物利用実用が良ければ見た目はイマイチから、見た目もある程度統一される環境にしたい。そのために大物の板を張り付け、色彩を統一する。あと家具の高さに統一をとって、整然とした感じを出したい。

そのための手法としてネットで見つけたのが、フリーウォールという手法。2×4材を柱として壁の前に壁をすべて覆う板を張り付け、配線や棚の支柱などが表から見えないようにする方法だ。ネットでは2×4材を上下の柱にして突っ張り金具で壁の前に配置する方法。配線を変えたり、棚を増やす際にも壁の前の板を容易に外して増設することが可能だ。借家やマンションでは有効だが、築60年の木造では突っ張り金具は天井の板が抜ける可能性がある。その代わり鴨居があるので、そこに固定する方法を模索する。

どちらにせよ、長さ180㎝、幅90㎝ほどの大きい板を入手せねばならない。自動車がない(運転できない)状態では、ホームセンターで切り出してもらった後、無料貸し出しの軽トラで運ぶことになる。

さてどんな景観になるのか楽しみだ。それより朝の寒さは緩和できるのか、それが第一の課題。

またまた引っ越し

思い立ったらやらずにいられぬ性格、2階の隣の部屋への引っ越しだ。

娘が残していったCDやフィギュアはとりあえず1階へ退避。段ボール箱3つに収まったので、移動は簡単。棚などはベランダへ追い出し、四畳半ではあるが自分のもので占有できる空間になった。

午後3時頃から配線の取り回しを始める。エアコンダクト穴から引き入れていた各配線を一旦抜き、2階の部屋の外壁を伝って今度の部屋に再び引き入れる。TVの地デジとBS、有線LAN、電話回線だ。不要な線を抜き取ったりしたため、2時間ほどかかった。配線穴を新たに壁に開けるなど、中古の一戸建てならでは何をしてもおとがめは無い。

さらにPCやDVDレコーダのHDMIケーブルや電気配線をしていたら、さらに1時間。ようやく落ち着いたのは午後7時を回っていた。嫁から送ってもらった上級品でイクラ丼。どうしても大葉を添えたかったので、普段使わないがわざわざ買ってきた。

今までは機能優先でごちゃごちゃしていたが、今回はシンプルに見た目も重視し構成して行こうと思う。隣の部屋との境は襖があるのだが、昔娘住んでいた頃にプライバシーを尊重するため、板で塞いだ。このままシンプルな壁のままにしておきたいと思う。

有人の埼玉の別宅に2度目の手伝い。何回か欠席する間に庭の園路工事は進んでいた。レンガを敷き、モルタルで目地を埋める工事だが、1日の進度は意外と少ない。あと2日くらいはかかるのではないか。俺は前回腰をやってしまったので、程々に。50㎝くらいは進んだか。

帰宅は電車で。ダイヤは1時間に2本。のどかな近郊の住宅地にある駅だ。山々を見ながら毎日通勤するマイホームタウンだったのだろう。御多分に漏れず高齢化が進んでいるので、老人の街になりつつある。だが完全な山村ではないので、車で出ればすぐショッピングセンターや外食店もあるので、地価の割には不便しない。何より秩父山塊の近くなので、眺めが良い。くつろげる。週いちですぐ行けるロケーションは活用も広がる。

一方大泉学園は、地下鉄延伸を図って買収の真っ最中。バイトの帰りに予定地付近を通ると、買収された土地が少しずつ伸びている。

俺の近所も計画線に沿って空き地になり、フェンスで囲まれた土地が増えてきた。ただ、中間地点ではまだまだ住み続ける人たちもいる。

俺がサラリーマン時代に手掛けた区画整理地区では、最後の1軒のおばあさんが亡くなるまで何年間も手を付けず、事業が完成しない地区もあった。さて俺が生きている間に地下鉄は来るのだろうか?嫁が大泉学園に来てから約半世紀が経つが、その頃から地下鉄が来ると言われ続けていたそうである。私権の保護と公共事業のせめぎあいは今も続く。

 

 

遺産整理3

息子のメインの銀行から相続手続き書類が来た。返信用封筒が入っているので、郵送で俺の口座に振り込みできるが、その前にまず戸籍謄本、印鑑証明などを返送し、確かに俺が相続人だという証明を2回目の郵送で振り込み依頼をする順番だそうだ。

クレジットカードを多数持っていたので、最終残高というより、最近の引き落としがどのカードからあるか知りたかった。電話で問い合わせると、口座記録の公開は店頭でしか受付しないとのこと。ついでに相続証明も原本もコピーを取ってすぐ返してくれるらしい。郵送提出だと原本は郵送返送を待たねばならない。ネットで有人の支店を探すと、ラッキー、駅前にある。

その銀行はネットで来店予約ができる。予約すれば待たずに手続き可能だ。だが予約可能な日は1か月も先だった。皆銀行で散々待たされた経験をお持ちなのである。予約専用電話にかけ、オペレータにどこで予約すればよいか問い合わせた。するといきなり予約せずに行った方が多少待つが、即日手続きできる可能性は高いとの事。なんだ、最初からいきなり行けば良かったのか。

バイトの帰りに支店に自転車で書類を一切合切持って立ち寄る。が、駅前の貸しビルなので、駐輪場がない。付近を歩き回って民間の有料駐輪場をやっと見つけた。無料時間なし、¥150。区営で2時間無料の駐輪場のがあるのも知っているが、地下でスロープを降りていくのも面倒だ。ここは銀行のすぐ近くだし、平地なのですぐ停められるので手数料として考える。後で気づいたが、駐輪場は区の駐輪場がもう一つ平地にありますと、店内に貼ってある。外に掲示しろ!
銀行の受付に行くと、相続関係のあれとあれの書類は持っていますねと確認され、もちろん郵送提出をする予定だったので持っているので自信満々答えた。しかし、最後に実印をお持ちですかと聞かれた。相続申請書類に押印し、印鑑証明も持っているのでいいんじゃねえのと詰め寄ったが、口座の開示はまた別の申請なので、その書類に押印が必要だってさ。

ここまで来て、ムカつくので、意地でもやってやると自転車で往復40分。窓口終了まであと30分あるから、ラーメン屋のように途中でスープが無くなったのでカットという事はないだろう。待ち人数は1人。みんなネットで1か月後を待つんだなあ。そういえばキャンプ場もネット予約に変更した途端に埋まってしまう。予約状況が解らずその場でいくつも日取りを模索する電話予約なんてしたくないらしい、俺もそうだが。

順番が回ってきて、書類のこことここに書いてと指導されながら書く。書きながら話がどうもかみ合わない。この銀行の他の支店の分も開示できるんですかと問うと、それでは証明書の用途には合わないと宣う。俺の目的は口座の動きが知りたいんだというと、あ、税理士に渡す口座証明ではないのねと頓珍漢な答え。どうも相続で銀行を訪れ証明を貰うのは税額控除のための書類が圧倒的に多いらしい。

おいらそんなに裕福な相続人じゃねえよ、身なりで解らんかと言ってもわからんだろうね。ちなみに息子の口座もそうだがこの銀行ではすでに通帳は発行していない。従って法的に記録保管義務はあるが、口座のやり取りを見たかったらネットで見られるだけらしい。相続でパスワードが解らなければ、俺の様に窓口で実印を使って証明書を発行してもらうしか手はないそうだ。

そして開示期間は何月から何月までと聞いてくる。おいら今後のクレジットなどの参考にしたいので、死亡した11月以降でいいよと言うと、今月の分まで1年間単位だという。息子の放蕩記録が増えるだけでそんなに要らんと言うと、1年単位で定額ですからときた。え、金取るの?なんと開示には1年ごとに¥1,100(税込)必要だと!ネットで印刷すればタダなのに、それほど人件費が必要か。

まあこの銀行も窓口ブースが4つあるだけで、行員の姿が見えない。そのうちJRの様にモニタとスキャナー、カメラだけになるのかも知れない。

手続き終了し、いつくれるかと待っていたら、では郵送でご自宅に届きますとのこと。何じゃい、初めからネットと郵送申請にしてくれよ。3時を回ってしまったので、警備員に追い出され、トイレに行く暇も与えられなかった。

仕方なく銀行の入居しているビルの上層階にテナントのオフィスがあったので、エレベータで上がって用を足そうとしたら、このビルの関係者以外使用お断りの張り紙が。関係者に追い出されたんだから関係者じゃと無視する。透明なエレベータだったので、駅前のタワマンからはどんな景色だろうと見ると、新宿のビル群がわかるほど近かった。普段埼玉の県境に近いので、田舎だと思っていたが、やはり東京都なのね。タワマンは住むには不便だが、1週間くらいなら、この眺めを味わってみたい。

 

遺産整理2

ブログを4日もさぼったのは初めて、友人と遊んでいたので空いてしまった。

遺産と言うほどではないが、本の処分だ。

買取して値の付かないものは処分してくれるサービスは多々ある。単にネームバリューでBookOffを選ぶ。

会員登録で身分証明書の写真と自撮りを送らなければならない。久しぶりに自撮り。手を抜いたので笑顔を作らないと随分老けて見えるもんだ。

ISBNコードの無い自費出版の本は厚さ50㎝位あったが既に分離し、処分済み。80%は漫画、残りは小説である。CDも200枚ほど、プレステソフトが何本か、遊戯王時代のフィギュア未使用。スーパーからもらった段ボール箱5箱で収まった。

陰気なバイトの運送屋が引き取りに来た。引き取りですの一言で黙って積み込まれる。伝票処理はネットで完了しているので、出荷して終わり。あっけない。

俺の場合は本と言えば小説が文庫本8冊程度、あとは地図類が5冊くらい。引き取ってもらうまでもない。小説は文庫本のみ、定価で買って読んだら処分していたので、3年に1回位の頻度で残すものが出る程度。あ、自転車の昔の雑誌は10冊くらいか。でも整理すべきかな。投稿記事が採用された「サイクルスポーツ」1冊だけはちょっと惜しい。

二つ目の銀行から相続書類を送るための手続き説明が来た。一つ目からは申請書類の戸籍謄本や遺産分割協議書が返ってこないので、またコンビニと市役所でそろえる。遺産分割協議書はまた偽造(といっても他の相続人は妻だけなので、同意を貰っているが署名の部分は一人で二人分書いた)。

役所で改製原戸籍をもう一通取るため、石神井庁舎に行く。ちょうど朝までバイトで近くに居たので、石神井公園ドトールで朝食を取りながら開庁を待つ。

駅目前の広い店だ。2階建てで喫煙所とトイレの階が別なのが玉に瑕。


後の大きな課題は車だが、オークションにかけようと思う。ところが過去使ったIDがオークションに使えないと出る。他のIDを作ろうとすると携帯電話番号が他のIDに使われているため登録できないとのお達し。そうこうしている間に車のバッテリーは寒さで消耗し、また起動できなくなった。せっかく買ったAC充電器でも1日繋げるが復活せず。入札まで行ったらバッテリーを買わないと。¥15000の出費。

本やCDがなくなり、娘の保管品を1階におろすと、あとは鉄製のベッドだ。自分用は自作の木製があるので、粗大ごみに出そうと価格を調べたら、処分場でリチウムイオンバッテリーによる発火で火災があり、代替処分場で処理していて出せますが、できれば当分の間はお控えくださいとの事。気にしない奴はどんどん出すのだろうが、そんなこと知った俺は出せないので困った、バラして当分の間はベランダか。

ベッドを出して娘の保管品を段ボールに詰めると、2階南東の息子の部屋が空になる。2階南西に引っ越したばかりだが、またまた移動したくなった。さてどういうレイアウトにするか。6畳から4畳半になるのだが、嫁の本棚や洋服ダンスが無い分、レイアウトの自由度は高い。配線だけが頭が痛いのだが。

 

友人宅では預けておいたタープの試し張りをしようとしたのだが、天候不良で屋外ではやめて、友人の駐車場で大きさと備品の確認をした。


記憶ではポールがあって張り綱とペグが必要と思っていた。だが中身を改めて確認すると、メインのポール2本も欠品だった。それはそれとして、検品すると余計なポールが入っている。(本来は2mのポールなのに4mが2本と細いポールが2本)

どう見ても元の所有者が買取してもらうために不用品を数合わせのために、又はゴミ出しに困って同梱したとしか思えない。購入直後に調べていたら店にもクレームを入れられたのだが、今となっては証拠がない。仕方なく大型ザックに入れて電車で持ち帰ってテストしようと思ったが、思いのほか大きく重く、電車ではかなりの重労働だということがわかった。

張りテストはキャンセル、ぶっつけ本番で使うことにする。ロープは長尺ものを買ってあるので、現地で切りそろえる。

4面メッシュなので夏の蚊対策には有効だが、冬キャンプはやはりつらいという結論に至り、2月10日は延期、4月は既に満杯なので5月を狙う。その頃なら夏装備で行けそうだ。もう一人のメンバーである社長も繁忙期は一区切りだろう。それまでにポール2本を仕入れないと。