ushi4026’s blog

旅と自転車、工作を愛する高齢者。あくまで私見ですが。

21日目 浜吉田から原ノ町

今日はついに福島県突入。南相馬市原ノ町駅まで45kmである。なぜここかと言うと、常磐線各駅停車は、原ノ町北行きと南行きが接続しているが、その接続が極端に悪い。したがって浜吉田に午後帰るには原ノ町より先へ進むと大幅な待ちになる。45kmだしちょうど良いので決めた。

昨日泊まった道の駅角田は、なかなか静かで良いところだった。気温も夜20℃位で寝やすかった。ただ浜吉田駅から10kmほどあるのが玉に傷。

結局、浜吉田に車を置いて出発は9時半。まあ何とかなるだろう。2時か3時の電車に乗られればよい。

田園地帯を快適に進む。常磐道と国道6号、県道38号線がメインの道路だが、平野なので他にも農道らしきものが津波のせいか、きちんと舗装され、交通量も少ない。

ロータリーがやたら多い。田舎の一本道が交差するところで地元はスピードを出しているが、ロータリーなら自然と減速するから一時停止等よりよほど安全だ。

震災遺構の小学校はこれで5個目。陸前高田津波の被災状況は嫌と言うほど見ているので、通りすぎるのみ。他にも解体をあきらめて放置されている旅館など数多くあり。

久しぶりに海岸線に出る。見えているのは火力発電所のようだ。

ついに福島県突入。でもここを抜けるのも長い。秋田岩手ほどではないが。

瓦礫土砂を集めて埋め立てしているのか、巨大なクレーンが稼動していた。

漁港には照明をつけたイカ釣り船がずらり。

沿岸に松川浦という長い中洲があり、橋を渡ると南へ抜けられると地図では見て取れる。残念ながら橋を渡ったら地震でトンネルが崩落し工事中。通行止めで引き返す。

この辺の電柱はやたら背が高い。津波の経験によりライフライン確保をできるようにとのためだろうか。だんだん尾根が海まで伸びてきて、6から8%の坂が出るようになった。でも一つの坂は300m位なので、乗り切る。時間的に12kmであと1時間で2時の電車が出る。その次は1時間後、まあ次でも良いやと考えていたが、意外と平均速度が伸びているので、間に合うかも。結果10分前に原ノ町駅に到着。早めの電車に乗ることが出来た。

浜吉田から車で1時間半。常磐高速でも6号線でも5分しか違わないが高速だと1100円。6号線で原ノ町駅に、自転車を回収し、1km程度で道の駅南相馬へ。ちょうど5時。閉店直後で車中泊車は少ない。ベスト位置を確保し、コンビニ飯で一安心。

車中泊する際に選ぶ駐車位置の方針だが、

第1:トイレから遠くないこと。

第2::大型車から遠いこと。エンジンかけっぱなしでうるさい。

第3:乗用車からは1台分空けて停める。後から来る奴は間に入るのを心理的に嫌う。

第4:判定が可能なら年配の夫婦者を避ける。会話やTVの音が大きい。

まあサイクリストと同じで急激に人口が増えるとマナーのなってない人が増えるのは仕方ない。できるだけ距離を置けるようにするだけだ。

あと2日で茨城県まで約100km。でも帰還困難区域も通るし、坂は多くなるはず、どうなるか?