ushi4026’s blog

旅と自転車、工作を愛する高齢者。あくまで私見ですが。

不用品処分結果と翻訳などしてみる。

買取業者が来宅。

居間の食卓に並べておいたものを査定してもらう。まあ全部で¥2000位で処分できれば家も片付くしと思い、期待した。

残念だったのが、一番大きなバケットシート2個。タダでも持って行かないという。古物商は在庫を出来る限り回転させないといけない業種で、大きなものは扱わないそうだ。

車関連はほぼ全滅。ただし意外だったのが、ラリーで使っていたレーシングヘルメット。昨年のJAF公式ラリーで使ったため新品に近く、規格が新しいのだそうだ。2個で¥4000。

ゲーム機はニンテンドー3DSPSPが各¥500。Wiiはバランスボードを入れても¥100。100円でもバランスボードが粗大ゴミの大きさなので、引き取ってもらう。

ノートパソコンは何でも¥500らしいが、古い機種なのか¥200。

カメラは一眼レフだったので、もう少し行って¥1000かと思ったが、デジタル一眼の低価格帯の物だったので、本体は¥100。レンズは意外に望遠が¥500。標準ズームが¥200。C国製アクションカメラ¥100。デジタルビデオカメラ意外と高く¥500。

腕時計ノーブランドは全て¥100だそうだ。

背広類は安物なので値が付かず、総計はヘルメットが効いて¥6600。即金払いであった。

兎にも角にも燃えないゴミの日に捨てるよりは役立った。一眼レフは手振れ補正ズーム含め¥700だったので残し、車用品は車用品買取業者と交渉することにする。

オークションサイトだと撮影したり、発送したりが大変だが、全部やってくれて即金だったので、大助かり。

他にうちで大きく空間を締めているのがスポーツ自転車3台。e-bikeにしてから他の2台は全然乗らないので、売りに出そうかな。山の様にある木材は売れないし。

 

バイトで小金が入ったので、割引セールを機に思い切って高価な自転車部品を買った。

それがこれ。

これは自転車のハンドルの根元にあるステムという部品だ。ただのステムではない。ショックを吸収するサスペンションが入っている。

写真中の青や黄色の部品がショック吸収のためのプラスチックで、柔らかさの異なるこれを入れ替えることにより、前輪のショック吸収度が変わるシステムだ。約¥30000。

マウンテンバイクだと、モーターバイクの様に前輪を留める箇所に円筒式のサスペンションが付いているのだが、自転車では交換するわけにいかないので、誰が考えたか、ステムを交換することにより路面のショックを吸収するシステムを考えたのだった。後輪のショックは自転車に元々ついているサドルのサスペンションで吸収するが、一番大きいショックは何といっても歩道の段差に乗るときの前輪だ。これを吸収できるとはすばらしい。高価だったので、半年前から割引セール開始を狙っていた。

だが届いて早速セットしようとしたものの、取付方法は結構複雑で28手順もある。しかもマニュアルは全て英語。絵でなんとなくわかるが、重要部品なので、不安である。そこで高校以来50年ぶりに翻訳に取り組むことに。

手抜きの方法はある。取説にURLがあったので、同じ説明書をPDFでダウンロード、

Microsoft Edgeで開いて右クリック、翻訳してもらう。それをWordにコピペ。

段組みとか表は形が崩れてしまうので、部分的にコピペ、図で取り込んだり、ワードに表を再入力。

技術資料なので、機械翻訳はかなり優秀。このままでもほとんど使える。ただし印刷して英文と読み比べると、単語を途中で分割してしまって変な日本語に変換したり、元の作者が何度も出てくる単語を省略して表現したりしていると、別の語に訳してしまう傾向がある。

日本語を添削して、和訳マニュアルの完成。A4の1枚両面にびっしり書いてあるマニュアルはWordにするとA4で6枚近くになった。

技術資料でこうだから、文学を訳すのは相当読み込むことが必要。またスラングや他国の文化も深く理解し、日本語の表現も豊かでないとダメだろう。文学の翻訳者には改めて頭が下がる思いだ。

さて、夜も更けたのでステムの交換は明日以降楽しみに取っておこう。