ushi4026’s blog

旅と自転車、工作を愛する高齢者。あくまで私見ですが。

久しぶりの百貨店徘徊

娘のところへ行く用事ができたので、久しぶりに差し入れなど持って行こうとした。何が良いか嫁に相談すると、池袋の百貨店で北陸三県うまいもの展をやっているので、マスのすしをどうかと。

百貨店などここ20年くらい行っていない。前回は腕時計の更新のために店で実物を見て選ぶ目的で行ったきりである。しかもデパ地下など30年位行っていない。鉄道から入り口に入ると、目的の店が目の前。数種類を購入し、目的完了。

しかし、せっかく電車賃をかけて久しぶりに都心に来たのであるから、これだけで帰宅するのはもったいない。

で、本屋に。以前購入して気に入ったキャンプ場ガイド。西日本編は購入したばかりだが、今年北海道へも行くので、東日本編も購入。

このムックの良いところは、地図が見やすく、ルートを決めているのならその沿道を探して行ける点、キャンプ場ガイドは多種あるが、地図を中心にしている本は意外と少ない。これだと沿道の位置をマークし、その後にコピーしたバイク用の地図に落とし込む。料金や連絡先も書き込んで情報の種にする。

今月末の関西行きは最初の2泊以外は行き当たりばったりで行こうと思うので、ポイントだけをマークし、当日泊まるのはその日に決めることにする。だから地図に落とし込んでおく必要があるのだ。ネットの地図でも可能だが、おおよその距離感をつかんでその日の宿泊地を決めるのは紙の地図の方がやりやすい。スマホの電力消費も抑えられるし、雨にも強い。

この百貨店は小学生の時に一人で来た初めての店だ。駅沿いに細長く、屋上は遊園地があったり、出店が多く並んでいた。友人のレポートで最近はかなり寂しくなったという事を知り、実際どの程度寂しいか確かめるため屋上へ。

平日しかも雨なので、寂しいことこの上ない。出店は安めのうどん屋が1軒のみ、昼休みをすませる労働者が二人だけ、うどんを啜っている。子供の頃は百貨店と言えばおもちゃ売り場と屋上そして大食堂だったが、今は見る影もない。

そういえば、昼食がまだだった。大食堂はないが、専門店街はあるので、行ってみる。

回転ずし屋だけが大行列。ネットで人気なのだろう。行列を避けて銀座〇〇という洋食屋へ。

昭和の雰囲気漂うメニュー、やはり客は年齢層が高い。同世代60歳台と思しき女性のグループや、一人暮らしと思しき(俺もそうだが)男がまずグラスワインから入るシニアなど。別途注文した名物の鳥から揚げは旨かったが、1個¥300なら旨くないと叱られる。まあ銀座よりは安いのだろうが、ランチで¥2200!雰囲気代が含まれるからな。

帰宅し夕食には特上マスのすし。おひとり様用¥1800!こっちの方はかなりうまかった。マスの厚みも普通の倍はある。ただ、弁当としてはすし以外何もないので、付け合わせが欲しかった。マスの連続攻撃で多少飽きる。まあ娘は食す機会もないだろうから勘弁してもらう。

食にこだわらない俺は、外食なら丸亀製麵やデニーズで十分。雰囲気は味わったので、あと10年くらいはそこそこで済ますことにする。(旅行中は別腹)